引越しの費用について知りたい!

騒音問題について

騒音問題について

画像の説明
現在はAM09時前後です。周囲の音は、けっこう響き渡っています。自分の後ろから音が聞こえているように思えても実際は東西南北で言うとどちら側から生じている音なのか、そういう細かな点は実際に外へ出て調査してみないと、なかなか間違えなく把握することは困難であると言えます。カンコンカンコン、ガツガツガツガツ、トンカチで叩き続けるような、もしくは言い方を帰れば、何かを作るための彫刻かもしれない、このような推測だけしかできない被害者的な立場では、ますますストレスも膨らむ一方であり、私に関しては何一つメリットがないのです。住まいは重要なのです。何事も<御互い様>という柔軟な考えを持たないわけにも行きませんので、ついつい<様子見>として我慢しがちな私です。
大型家電の引越し料金はこちらも参考に
あまりにも我慢が続けば、怒りや不満も爆発へ近づくであろう進展が、通常なのです。音を出している張本人が誰であるかさえ、ハッキリとしてくれれば、後からでもクレームを強く言えるのだけれど、個人を徹底的に責めると言うのも、なかなか怖いことと言えます。
あんまり強く不満をぶつけてしまうと、やはりこのような御時勢ですから、後のことも恐いのです。もともと騒音として被害者は私であっても、正しいことだけが通らない時代です。<逆恨み>という言葉があるほどです。本末転倒という言い方も、現実になり得ます。
人を恨むことは、その後のことを考えねばなりません。恨む!なんて言葉怖いものです。正しいことを教えてやりたい!それだけでも危なっかしいです。他人に対して、こうして欲しい!と強く願う場合には自分自身も、そこそこキチット過ごして、<言える立場>であるかどうかを問われてしまいます。
細かいことはさておき、今は人が発している工事のような、その苛立たしい音に関し不満を抱えています。御互い様の裏見合いになる前に、どうにか<向こうの非>について、自分自身に気がついてもらいたいだけです。
言いたいことを言って、その後に住みづらくなるぐらいならば、何も言わずに黙ったままでこちらだけが引っ越してしまったほうが、<争いもなく良いとしたい!>こういう思考が私らしさだとも思っている、今日この頃なのです。
言いたいことを言えないような人間が住んでいる場所は、かなり住みづらい地域!と言うことにもなってしまいます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

貯蓄